商品名を入力してください
  • メニュー

ショッピングカート

閉じる
メニュー
close
商品名を入力してください

WEB MAGAZINE

WEB MAGAZINE

KEYone特集Vol.6:充電いらず?!バッテリー寿命の長さは、アンドロイドの中でダントツ!

Electronics - KEYone特集Vol.6:充電いらず?!バッテリー寿命の長さは、アンドロイドの中でダントツ!













本日からcaseplayのTwitterにて、「BlackBerry KEYone」の特別購入権が当たる
キャンペーンが始まりました。







Cell Phone - KEYone特集Vol.6:充電いらず?!バッテリー寿命の長さは、アンドロイドの中でダントツ!






さらに本キャンペーン限定で、今回は豪華な特典が4つも付いています!





KEYone特集Vol.6:充電いらず?!バッテリー寿命の長さは、アンドロイドの中でダントツ!






詳しくは、caseplayのTwitterをチェックしてくださいね♪
@caseplay







casepkayウェブマガジンでは、先週から今週にかけて、
BlackBerry KEYone発売を記念して、特集記事を公開中。
本日は、KEYoneの「充電持ちの良さ」についてご紹介します。

えっ?まだスマホの充電器持ち歩いてるの?














こちらの動画、とてもカッコイイですよね。私は大のお気に入りです。
BlackBerryシリーズといえば、セキュリティの高さに定評があるアンドロイドですが、
今回のKEYoneは、なんとバッテリーの持ちが従来と比べてダントツなんです!





知り合いの話によれば、たまにメールを見るくらいであとは放置して
どのくらい電池が持つのかを試したところ・・・驚異の1週間持ちだったそうです。
1週間たっても、残りが30%前後あったそうです。これには驚きですよね。
(※使用状況に応じて、充電の持ちは異なります。)







スマホを使い始めると気になるバッテリーの持ち具合。
電話として使うだけならカタログに載っている連続待受時間や連続通話時間がある程度目安になりますが、
Webページの閲覧やメール、SNS、ゲームや色々なアプリを使っているとバッテリーの消耗は途端に激しくなります。






普通にメールやネットを使用していると、夕方頃には「そろそろ充電しようかな・・・。」なんて、
思う方は多いのではないでしょうか?
Cell Phone - KEYone特集Vol.6:充電いらず?!バッテリー寿命の長さは、アンドロイドの中でダントツ!





「充電器を持ち歩かなくてもいいようにしたい・・・。」
そんな願いを叶えてくれるスマホが、「BlackBerry KEYone」です。





バッテリーの容量は、バッテリーに書いてある「mAh」(ミリアンペアアワー、またはミリアンペア時)の数値を見るとわかります。
Ahは電流(A)×時間(h)の値で、バッテリーに蓄えられる電気の量を表しています。
例えば容量が1700mAhのバッテリーなら、1700mAの電流を1時間流せる量の電気を蓄えられるんです。
そしてこのバッテリー容量を消費電流で割ると、その消費電流で使用できる時間が算出されます。





BlackBerryKEYoneのバッテリー容量は、なんと「3505mAh」!!
ちなみに、iPhone7plusのバッテリー容量は2675mAhですので、
830も上回っていますね・・・!





さすがに、7日間持たせる状況は一般的ではありませんが、
メール、電話、Webページ閲覧、動画視聴(※連続して動画を5時間みるような場合を除いて)など、
普通に使用する分には、朝起きて夜寝るまで間に充電器を使う必要はなさそうです。

Mobile Phone - KEYone特集Vol.6:充電いらず?!バッテリー寿命の長さは、アンドロイドの中でダントツ!






持ち歩くとなると、意外と荷物になる充電器。
BlackBerry KEYone なら、私たちのスマホ生活がますます快適になりそうですね。
また、スマホを2台持ちする方にとっては、なかなか充電が減らない「サブ機」としても心強いのではないでしょうか。





【関連リンク】


【特集①】Blackberry KEYoneって、何がすごいの?!


【特集②】Blackberry KEYone愛用者が語る、今後の展望


【特集③】ライターの必需品?「BlackBerryならスキマ時間も有効に使えるんです。」


【特集④】大統領も愛用?!セキュリティの高さは世界一!


【特集⑤】40代経営者が惚れた、BlackaBerryKEYoneの魅力。「やっぱり、キーボードが好きなんです。」

おすすめの関連記事

Scroll To Top